葉っぱ星人の花だより

華道・嵯峨御流のいけばなと出逢ったお花を中心にしたブログです。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

お正月から仕事!

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

年末がハード過ぎて、

結局全ての予定をこなすことを諦めて、

除夜の鐘を突きに行ってしまった年越し...

 

それが吉と出るか、凶と成るか...

 

(御霊神社の鏡餅)

 

1日朝イチ、先ずは御霊神社の献花のチェックを...

と、何も食べずにお出掛けしたら、携帯に電話!

 

市比賣神社さんからのSOS!

接待係の方が、急病とのこと。

慌てて、お宮へ向かいお手伝い。

 

 

本当は全身がオフモードで、だるいを超越して痛いくらいでしたが、

例年と違って、半分徹夜状態ではなかったので、

眠過ぎということはなかったのが幸いでした。

 

結局、夕方までお手伝いし、

しかも三ケ日ご奉仕する流れとなり、

気分もかなりへとへとになって帰宅!

 

 

届いていた大量の年賀状に目を通すのがやっと。

 

初夢も何もなく、布団に滑り込んだ私でした。

 

元旦から仕事のお誘いがあるって、あんた今年はついているよ♪

って、言ってくれた主人の言葉が唯一の支えです。

 

でも、便利屋さんみたいな事ばかりやっていると、

身が持たないよ...と、神様からの啓示のような気もするのでした。

(@_@)

 

 

 

 

いけこみ | comments(0) | -

大覚寺の年末挿花

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

かなり精神的にも肉体的にも追い詰められた年末でしたが、

泣いても笑っても、予定をこなせなくても新しい年はやってくる!...

 

12月30日は恒例の大覚寺年末挿花に参加させていただきました。

あいにくの雨でしたが、立派なお花になりました。

 

 

やっぱり供待(ともまち)には、お花が似合う♥

 

午後からはお堂のお花。

私は霊明殿(れいめいでん)を初めて担当させていただきました。

 

 

今年ご縁のあった嵯峨御流の先生の中で幾人かの方が天へ旅立たれました。

そんな方々への感謝もこめて、荘厳華をいけました。

 

 

一年の最後に、華務職として大覚寺の挿花に携われるのは、

本当に素晴らしいことです。

 

花屋の仕事をしていた時には絶対出来なかったことなので、

家族の理解があるかぎり、

またお声がかかるうちは、ずっと続けたいと思っています。

 

 

いけこみ | comments(0) | -

上京ワクワクkimonoコレクション

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

今朝は上京区役所へ。

お花のチェックからスタート!

 

昨日の午後、社中さんに手伝って戴いて仕上げました。

 

『松』は御霊神社にお献花したものの使い回しですが、

前回より、お手伝いいただいた分、ゆったりとした姿に留まりました。

 

 

やっぱり一人と全然違う!

 

間々に主催者の方がいらして、お花を誉めてくださるので、

本当に気分よくいけることが出来ました♥

 

『オリエンタルリリー』『菊』二種『オンシジウム』

それから『藪山査子(やぶさんざし)』をあわせています。

 

今ごろはここで着物のファッションショーの真っ最中♪

 

会場に花を添え、

多くの方の写真スポットになってくれていたら嬉しいです。

いけこみ | comments(0) | trackbacks(0)

秋の花

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

花屋さんで見つけた小さい『栗』!

宮司さんも気に入って下さったようです。

 

本当は「瓶花」をいけようと思っていましたが、

あまりの強風に挫折、方針を変更しました。

 

いけてみると、何だか物足りない。

自宅に帰って、『白水引草(しろみずひきそう)』を切り、

加えてみました。

 

今年は日照りで葉が焼けてしまい、背も余り延びず、

登場させることが出来ていませんでしたので、

晴れ舞台があって良かったです♥

 

何にせよ秋の花は愛しく可愛らしい!

 

 

家には今『野菊』も咲いています♥♥

これも大好き♪

いけこみ | comments(0) | trackbacks(0)

令和の記念

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

大覚寺のお玄関にいけられた御所車の最終日の姿です。

 

DSCN2508.JPG

 

初日に比べると、随分華やかになりました。

 

私はたった2回しかお当番に当たりませんでしたが、

毎日のようにメンテナンスに来られたかたもいらして、

朝晩とお水をいれ、大事にされたためか、

最後の最後まで美しい姿で嬉しくなりました。

 

大変お忙しくなさっている華務長の辻井先生ご自身も

替え花をお家で養いをされたり、

何度も大覚寺に足を運ばれて、手直しをされていたのには、

頭が下がりました。

 

華務職として、美しい花を多くの方に楽しんで頂くということを、

令和の始めに改めて勉強できた思いで、大変よい記念になりました。

 

 

美しい調和という意味の「令和」

 

「美しい」ということは見た目だけでないことを心に刻み、

大覚寺の近くに住んでいるという恵まれた環境に感謝します。

いけこみ | comments(0) | trackbacks(0)