葉っぱ星人の花だより

華道・嵯峨御流のいけばなと出逢ったお花を中心にしたブログです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

上京ワクワクkimonoコレクション

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

今朝は上京区役所へ。

お花のチェックからスタート!

 

昨日の午後、社中さんに手伝って戴いて仕上げました。

 

『松』は御霊神社にお献花したものの使い回しですが、

前回より、お手伝いいただいた分、ゆったりとした姿に留まりました。

 

 

やっぱり一人と全然違う!

 

間々に主催者の方がいらして、お花を誉めてくださるので、

本当に気分よくいけることが出来ました♥

 

『オリエンタルリリー』『菊』二種『オンシジウム』

それから『藪山査子(やぶさんざし)』をあわせています。

 

今ごろはここで着物のファッションショーの真っ最中♪

 

会場に花を添え、

多くの方の写真スポットになってくれていたら嬉しいです。

いけこみ | comments(0) | trackbacks(0)

秋の花

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

花屋さんで見つけた小さい『栗』!

宮司さんも気に入って下さったようです。

 

本当は「瓶花」をいけようと思っていましたが、

あまりの強風に挫折、方針を変更しました。

 

いけてみると、何だか物足りない。

自宅に帰って、『白水引草(しろみずひきそう)』を切り、

加えてみました。

 

今年は日照りで葉が焼けてしまい、背も余り延びず、

登場させることが出来ていませんでしたので、

晴れ舞台があって良かったです♥

 

何にせよ秋の花は愛しく可愛らしい!

 

 

家には今『野菊』も咲いています♥♥

これも大好き♪

いけこみ | comments(0) | trackbacks(0)

令和の記念

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

大覚寺のお玄関にいけられた御所車の最終日の姿です。

 

DSCN2508.JPG

 

初日に比べると、随分華やかになりました。

 

私はたった2回しかお当番に当たりませんでしたが、

毎日のようにメンテナンスに来られたかたもいらして、

朝晩とお水をいれ、大事にされたためか、

最後の最後まで美しい姿で嬉しくなりました。

 

大変お忙しくなさっている華務長の辻井先生ご自身も

替え花をお家で養いをされたり、

何度も大覚寺に足を運ばれて、手直しをされていたのには、

頭が下がりました。

 

華務職として、美しい花を多くの方に楽しんで頂くということを、

令和の始めに改めて勉強できた思いで、大変よい記念になりました。

 

 

美しい調和という意味の「令和」

 

「美しい」ということは見た目だけでないことを心に刻み、

大覚寺の近くに住んでいるという恵まれた環境に感謝します。

いけこみ | comments(0) | trackbacks(0)

挿花メンテナンス

JUGEMテーマ:花のある暮らし

DSCN2499.JPG

 

大覚寺にご即位を記念して挿花された御所車。

そのメンテナンスに伺いました。

 

DSCN2500.JPG

 

前回(4月30日)正面をアップしましたので、今日は裏側をご紹介。

 

因みにお花は全部大丈夫でした。

 

DSCN2503.JPG

 

大覚寺は『躑躅(つつじ』が満開♪

 

DSCN2506.JPG

 

『花水木』や『紫蘭』『牡丹(ぼたん)』も良く咲いていました。

 

その他、宝物館の特別展を拝見したり、

五大堂にお参りしたり...

 

DSCN2505.JPG

 

新しいペット用の祈願札が出来ていましたので、

万次郎のためにお祈りしてきました。

 

せっかくのんびりお参りしたのに、

その後、実家へ自転車飛ばして、

主人の助手として庭掃除して、

ヘトヘトになりました。

 

 

 

いけこみ | comments(0) | trackbacks(0)

御即位を祝して

JUGEMテーマ:花のある暮らし

DSCN2416.JPG

 

大覚寺のお玄関に、天皇陛下の御即位と令和への改元を祝して

辻井華務長先生が「御所車」に挿花されるお手伝いをさせて頂きました。

 

皇室ゆかりの植物が多く使われ、『桐』には紫の花も咲いていました。

新天皇陛下のお印(しるし)の『梓(きささげ)』は金色に着色して用いられています。

 

『躑躅(つつじ)』は愛子様のお印『五葉つつじ』に想いを寄せて、

悠仁さまのお印『高野槇』も松ぼっくりのような実がついた立派なものが入っています。

 

『松』と『薔薇(ばら)』は「不老長春」という意味があり、

穏やかな代と長寿をお祈りしています。

 

また、新皇后陛下雅子さまのお印『ハマナス』をイメージして用いられたと伺いました。

 

それから『薔薇』と言えば、

平成最後の歌会始、御題「光」で前皇后陛下美智子さまの詠まれた

「今しばし 生きなむと思う 寂光に 園(その)の薔薇(そうび)の みな美しく」

も、思い出されました。

 

御所車に『薔薇』を取りあわされるのは珍しいのですが、とても素敵なことだと思いました。

 

私はこのような日にお花をいけさせて戴けてこそ、まがりなりにも「嵯峨御流 華務職」だと誇りに思い、

平成最後の日に大覚寺に伺えて、大変幸せな想い出になりました。

 

やはり大覚寺の御玄関に「いけばな」はとても似合います。

 

 

いけこみ | comments(0) | trackbacks(0)