葉っぱ星人の花だより

華道・嵯峨御流のいけばなと出逢ったお花を中心にしたブログです。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東寺の後七日御修法

JUGEMテーマ:地域/ローカル

078.JPG

 

今日は東寺へ!

 

後七日御修法(ごしちにちみしほ)の最終日、結顔(けちがん)に

参詣させていただきました。

 

京都は前日の夜更けより雪。

我が家の辺りは、道路ももうっすら積もっていて、

東寺は京都の南と言っても、凍てついた朝でした。

 

お勤めされている方々はさぞや!!と、思いながら、

すでに出来ている参拝の列に加わりました。

 

待っている人々は色とりどりの輪袈裟、手には数珠。

確かに他のお祭り見物の観客ではなく、

信仰の行事に加わるという「礼」を感じ、心が引き締まる。

(私も用意してきて良かった!)

 

005.JPG

 

最後のお勤めへと向かわれる僧の方々を、

手を合わせてお見送りする。

(写真も撮る!)

 

008.JPG

 

ご門跡様をはじめ、お顔を存じ上げている大覚寺の皆様が

出仕されています。

 

014.JPG

 

赤い傘が並ぶと、手袋を外した手先の冷たさなど忘れるほど!!

神々しい光景に圧倒されました。

 

010.JPG

 

途中、度々お参りされている方より貴重なお話を伺い、

また、警備の方にタイムスケジュールを教えて頂く。

 

(...というのも、観光行事でないためか、

本当に何処にも予定が書かれていない。

東寺に於ても...!!)

 

029.JPG

 

宮内庁の方も最終日に参拝されるということで、

車が到着!

 

043.JPG

 

行事の間あいだに、東寺を走り回って、

寺院の拝観もさせていただいたので、

寒いハズなのに、

私のテンションは上がりっぱなし↑

068.JPG

 

道場(潅頂院、かんじょういん)にて加事されていた天皇陛下の御衣!

 

064.JPG

 

最後に大師堂へ(今年は工事中で仮の建物)

 

学生僧の皆様の清らかな列がお出迎え。

 

086.JPG

 

092.JPG

 

無事に奉修を終えられた皆様。

最後まで凛とした列。

 

お見送りを済ませるとスーパーダッシュ!

 

今度は後拝み(道場の内拝)をさせて戴く。

 

127.JPG

 

この潅頂院の門前で待っている時が、

一番寒くて辛かった。

 

もう、手先、足先が痛い位。

ここではじめて、携帯カイロを取りだし、

持ってきたポットのお茶を飲む。

 

126.JPG

 

1時間弱の道場の公開。

 

真っ暗。

多くの方でごった返しているハズなのに、

ひたすら気高く荘厳。

 

床は凍っているかのような冷たさ。

 

「両界曼荼羅」、「五大明王像」などが祀られ、

一つひとつにお花が供えられている。

 

昨年こちらの宝物館で拝見した、

弘法大師が唐より持ち帰られた「密教法具」の数々!!

 

先ほどまで焚かれていた「護摩壇」。

 

118.JPG

 

大勢の人の並の中で感じる

音が吸い込まれ、充満した気(オーラ)。

 

こればかりは、言葉でなんか表現できない。

撮影不可でしたが、

例え写真に撮っても伝えられない空間でした。

 

117.JPG

 

唯一撮影許可されていたのは「神供壇」

 

131.JPG

 

門を出て、特別公開されている「五重塔」も

欲張って拝観。 

 

お昼抜きで、凍るような寒い日でしたが、

心が一杯になり、

手には後拝み参拝の特別な御守り❤

足取り軽く帰路につきました。

 

 

 

この日は「信仰」とか「荘厳」、「縁」また「学び」というものを

考えるよい機会となりました。

 

手を合わせる方の横で写真を撮っている...

という自分はどうなのかなー?

そんな迷いのなか

「ここで撮ると良いですよ」

最前列を譲ってくださったお坊様。

「手を合わせるのは、後ろでもできるので、

初めてなら、しっかりご覧になって下さい」

と・・・

数枚撮っては手を合わせ、

行列が過ぎるとまた走って撮影し、拝む。

自然に手を合わせてしまう厳かさに包まれる。

 

その中で大覚寺の職員さんにも声を掛けられたり、

以前お勤めされていた懐かしい方とも出逢い、

叱咤激励される。

 

辻井華務長先生より御題花のご講義で、

この「後七日御修法」を教えて頂き、

調べ直したからこその気付きもあり・・・

華務長先生には本当に感謝。

そして真言宗の長者となられたご門跡様、

お役を勤められた方、裏方の方、全ての大覚寺の皆様にも

心から感謝申し上げます。

 

年頭のアウトドア学習のスタートとしてだけでなく、

年の初めに素晴らしい体験が出来ました。

この感動をまた、社中や派遣先の皆様にもお伝えしたい。

 

わくわくする特別な1年!

松ノ内も終わります。 

すでに24分の1が過ぎています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節 | comments(0) | trackbacks(0)

一緒に初詣、一緒に...

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

昨日は格別男前な性格の、お花の友人と初詣に行きました。

 

まずは、これで3年連続の車折(くるまざき)神社!!

 

 

芸能の神様がお祀りされています。

 

 

ここで私は、一年に一度だけおみくじを引いています。

 

去年は「凶」

その前は「大吉」

 

「大吉」の年には素晴らしい出逢いがあって、確かに!!

...とも思いましたが、

昨年も、良いことは沢山あって、

思い返すと幸せな脳みそのせいか、

余り辛いことや悲しい記憶がありません。

 

それでも年の初めに「凶」の字を拝むのも、

あんまり良い気は致しません。

 

ちょっと顔をこわばらせて願いを込めて引く!!

小さい紙を開く!!!

じゃーん\(^_^)/

「大吉」❤

 

 

その上友人も「大吉」❤❤

 

本当に幸先が良い❤❤❤

単純だけど、嬉しいです♪

 

 

気分良く、次は私の気まぐれで山科へ!

 

 

前日に引き続いて、初寅のお参りに毘沙門堂へ!!

 

 

お借りした音声ガイドに悪戦苦闘しつつ、

また、吐く息も凍りそうな中を、二人でうろうろ...

 

 

 

本当に寒かったけれど、

なかなかステキなお寺でした。

 

 

『紅葉』と『桜』が沢山あるので、

また春や秋に来たいねって♪

 

 

勿論帰りには「虎」を授与していただきました。

これで今年は3匹の虎と、我が家の黒豹を引き連れて、

無敵っ!!

と、気を大きく持ちました。

 

 

遊んでばかりですが、明日は文楽のチケットを頂いたので、

大阪に行きます♪

やっと阪急の大作を拝めます。

(それは勉強)

(*^^*)

 

 

季節 | comments(0) | trackbacks(0)

鞍馬寺 2

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

鞍馬寺1の続きです。

 

 

境内をうろうろしていたら、

宝物館と奥の院こちら...と!

 

宝物館は受付で、休館と分かっていましたが、

折角なので、建物だけでも見ておこうと!!

 

 

与謝野鉄幹、晶子の歌碑。

 

立派な宝物館はやっぱりクローズ。

( ̄0 ̄;

 

大祭の日に休館とは、本当に商売っけがない。

 

そこで地図を眺め、

ひっそりしている奥の院の方を見ると、

おばあさんが颯爽と歩みを進めている!!

 

ここで、諦めるのもねー...と、

奥の院への山道を登りはじめて、

いきなり出逢ったのが、リス❤

 

 

いやー。

こんなに近くで、長々と一緒にいれたのは

初めてです♪

 

幸先良くて、どんどん進む!

 

 

有名な木の根道!

写真撮影に熱中。

 

ずーっと、この調子で行くのかと思っていたので、

意外な歩きやすさに驚き。

 

この奥に大杉権現社があるのに、

このときは気づかず...

 

 

しかし、道の脇にはあちこちに台風の傷痕!

 

 

ここまで広いと手は回らないですよね。

(しかも車も入れないし...)

 

 

まさしく、鞍馬天狗でも出ようか!!と、いう風情...

 

それがまた、森林オーラ全開❤

めっちゃ気持ち良い❤❤

こんな近場に、自分好みの探検場があったのに、

来ていなかったなんて...

悔しいくらいです。

 

 

 

そうこうするうち、奥の院に到着。お参りする。 

 

 

そのまま貴船神社に抜けられるのに、

どうしようとそこで地図を見、

そこで手袋を置き忘れたことに気付く!

( ̄0 ̄;( ̄0 ̄;( ̄0 ̄;

 

しかも、折角初寅の日にお参りしたのに、

まだ限定の御札を戴いていない...

(゜ロ゜;

 

これは戻るしかないと、

来た道を辿る。

 

案の定、手袋は木の根道で見つかる。

お礼を言いに、大杉権現社にお参りする。

 

 

戻るのはあっという間♪

鐘も撞いて、再び本堂に。

 

 

御札と一緒に阿吽の虎もゲット。

 

 

多宝塔のほうに行き、

帰りはやっぱり乗ってみたいケーブルカーで♪

 

 

あっという間に着!

 

お腹ペコペコで駅近に戻ると、丁度京福が出るところ...

ということで、探検のようなお参りは終了。

飲まず食わずで帰路につく私なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節 | comments(0) | trackbacks(0)

鞍馬寺 1

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

初寅の日ということで、鞍馬寺にお参りしてきました。

 

 

大祭は夜中に行われるということですが、

伺ったのは朝です。

 

 

まずは京福の鞍馬駅に!

鼻が折れて、かえって有名になった天狗さんにご挨拶。

 

 

駅から山門までは直ぐ♪

 

門前には会いたかった❤狛犬ならぬ虎!!

 

 

門を抜けて、暫く歩くと、

ケーブルカー乗り場。

 

勿論スルーして、歩いてお参り。

30分程で本堂に着くという案内でしたが、

やたら寄り道した私は倍以上かかりました。

 

 

何故って、途中には由岐神社(また後日アップ予定)や、

義経ゆかりのものがあって、

説明文を読んで、写真とって...

としているだけで、結構時間が過ぎるからです。

 

 

でも一人旅(?)の気楽さで、

のんびり...

 

 

広大なのに間違いなく手入れされていて、

でも、自然な感じで、

大きな木からパワーが一杯流れてきて、

上ってゆくほどに、どんどん元気になれる感じがしました。

 

 

途中には町石(道しるべ、約1.1キロごとに立っている)もあり、

何だか励まされます♪

 

 

 

 

石も見ごたえのあるものが沢山あり、

楽しめました。

 

鞍馬石は有名なので、落ちているのも勿論チェック❤

 

 

雪の残る本堂に到着♪

 

そしてここにも狛犬ならぬ狛虎(?)!!

 

 

参拝して、御札を戴くのを後にして、

境内を散策。

 

そして奥の院へ向かうことに...

 

(長いので2に続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節 | comments(0) | trackbacks(0)

年賀状

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

今日は一日雨でしたので、

主人も仕事をお休みし、

おかげで(?)

何となく二人ともダラダラして終わってしまいました。

 

唯一頑張ったのが、年賀状の住所録変更!

今年は年末から現在に至るまで、

パラパラと住所不明で年賀状が帰ってきています。

 

年末分は去年の年賀状を調べ直したり、

元旦の年賀状に返事として出したり出来たのですが、

6日に帰ってきた分は、今さら...という感じで、

本当に困ります。

結局返事として、平謝りを含めて「寒中お見舞い」にしました。

 

やれやれ...

それもこれも、昨年の年賀状のチェックが甘かったからです。

 

「新住所」とか「住所が変わります」と、

入っているのに見落としたものもあり、

ましてや何も書いていないものは、

見直すこともなく...

ということで、( ̄0 ̄;

 

パソコンで入力してしまうと安心して、

名前も見直さず...ってことも多いから、

私宛のものも、名前が別の字になっているものもあり、

毎年ずっとそれで来ているのはやっぱりねー・・・

って思うので...

ですから全部、パソコンの住所録と照らし合わせをしました。

 

あー!!

事務職向かないっ!!

飽きたっ!!

 

 

さて、今日のお花は年賀状用に撮影したものの

「ボツ」バージョンです。

 

使用した分は、バック紙を白にして、

敷物無しにしました。

花器も、折角「御題花器・語」を用いたので、

器の形が分かるように少し横から撮りました。 

 

この写真は真上から狙って、

あえて、御題花テキストのイメージにしています。

 

御題花の撮影には間に合わないということで、

毎年御題花に使われない『水仙』をメインにして、

『松』『お多福南天』『千両』『猫柳』を合わせました。  

 

中の白い器は100円ショップの食器を大小2つ使いました。

大きさがジャストフィット♪

赤く塗ることも考えたのですが、

今回は時間切れ・・・

 

気が早いですが、来年はもう少し練って

年賀状をつくりたいものです。 

 

 

 

 

季節 | comments(0) | trackbacks(0)