葉っぱ星人の花だより

華道・嵯峨御流のいけばなと出逢ったお花を中心にしたブログです。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 兆し | main | 今期最後! >>

いけばなインターナショナル大阪支部のデモンストレーション

JUGEMテーマ:花のある暮らし


今日はいけばなインターナショナルの大阪のデモンストレーションを拝見に、ホテルニューオータニへ行って来ました。
デモンストレーターは嵯峨御流の華務長、辻井ミカ先生です。

会場に入ると、いきなり「荘厳華(しょうごんか)」の大作が!
迫力のお迎え花です。

先生の『五葉松』への深い思い入れ(命の輝き!!)が感じられる素晴らしい作品でした。

『松』の次は『竹』の作品でした。



こちらは中国のお祝いの「爆竹」をイメージされて挿花されました。

主材は『カナリー椰子(やし)』の新芽と花です。

『竹』の次は『梅』でした。



こちらは「十二律管」です。

『胡蝶蘭』を添え、梅林の中に漂う香りを表現されたそうです。
『梅』の向こうに、月がほんのり見えるような、ロマンティックな作品でした。



その次には、沖縄の『寒緋桜(かんひさくら)』と『椿』『菜の花』を合わせた作品
と水盤に「野辺の景」を...

いけながら先生が沖縄のお話をされましたので、
私は派遣で伺った時のことを懐かしく思い出しました。

八重山の赤い『桜』!!
大きな『ヘゴ薇(ぜんまい)』
温かいねーねー♥

先生の作品に、沢山の物語があふれているようでした。



10メートルのステージ一杯に雪景色を表現され、
最後に「そわか」で「不二の花」をいけられました。

ぴったり一時間のデモンストレーションは、
息をのむような華麗で独自性にあふれ、
辻井ミカ先生の暖かい「花の心」を教えられた素晴らしい世界でした。



おまけに、先生の作品に合わせたかのような
美しいホテルニューオータニのお料理も♥でした。

目も心もお腹も幸せ一杯になった一日でした。
 
デモンストレーション | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック