葉っぱ星人の花だより

華道・嵯峨御流のいけばなと出逢ったお花を中心にしたブログです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 猫の髭 | main | バケツ用トート >>

基本

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

社中さんに『葉蘭(はらん)』を教える為のお稽古。

 

昔から「(生花は)葉蘭に始まり、葉蘭に終わる」と言われています。

ですが、現在では「生花」を教える場合に、

『葉蘭』から指導することは、余りないようです。

 

うちのお稽古場でもそうです。

 

技法や説明、そして他の花材への応用力を思うと、

やっぱり最高の素材なのですが、

何と言っても、バランスをとるのが難しくて、

初心者は立てることさえ一苦労...

切り口が本の少し違うだけで、

絶対うまく行きません。

 

先日の派遣では、上級クラスの受講生の方々に、

『金雀枝(えにしだ)』のお生花のいけ方のポイントを

『葉蘭』を元にしてお話しました。

 

よく『葉蘭』をいけられている方ばかりなので、

私の拙い話もピン!と、伝わっている感じでした。

 

これが反対に、初めての『葉蘭』となると、

説明が沢山になって、分かりにくい!

大事なことを全部言えたのか自信が無くなるほど...!

 

そんなわけで、

自分でいけながら絶対必要なことを改めてチェック。

 

説明を増やす作業は簡単なのですが、

エッセンスとして減らして行くのは、

いつも大変!!

 

でも、頑張っている社中さんを応援したいので!!

(^_^)v

私も努力したいですね。  

 

お稽古 | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

17日、ダッシュで東京目黒百段階段でのいけばな展へ行ってきました。
花展→ランチ→出光美術館で琳派を鑑賞→東京駅虎屋でお茶をして帰路につきました。
百段階段の花展はお勧めです。
雪降る町の住人 | 2017/10/18 3:02 PM
いつもバイタリティーに感心しています。
りかほ | 2017/10/20 12:32 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rikaho.jugem.jp/trackback/3272
この記事に対するトラックバック