葉っぱ星人の花だより

華道・嵯峨御流のいけばなと出逢ったお花を中心にしたブログです。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 一日遅れ | main | 秋色 >>

be京都の子どもいけばな教室〜重陽の節句

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

町家ギャラリーのbe京都さんでの子供教室!

10月は「重陽の節句」をテーマに様々な『菊』をいけました。

 

 

まず京都の重陽の行事を説明。

 

そしてお手本のお花をいけます。

ですが、

今回は色も形も様々な『菊』を用いての

「菊一色(いっしき)の盛花」ですので、

各自で色彩を考えて、

使う場所を考えて、切り分ける!

...ということをしました。

 

 

お花選びも真剣!

切るのも、いけるのも...

 

菊の表情を上手にとらえてくれるようになって、

出来映えよりも、それが嬉しい事です。

 

 

どこが気にいってる?

どのお花が好き?

質問にも、元気に答えてくれます。

 

 

それぞれが独特の感性を持っていて、

大事に思うものが違っていて、

それが反映されている作品!

 

正に、みんな違ってそれが良い!

そんなフレーズを思い出します。

 

 

今回は「着せ綿」体験も!

 

菊に綿を被せて、その露を含んだ綿で身体をなでると

長寿延命、不老不死が叶うとされた行事です。

 

女の子は「アンチエイジング」に、

男の子は「長寿」に反応していました。

( 〃▽〃)

まだ子供でも、やっぱり女の子!

 

一人、綿を自分に使わず、

付き添いで来ていたお父さんを撫でていた子供さんがいらして、

その優しさに感動しました。

 

 

最後はおまけの折り紙♪

 

上京オープンウィーク&まるごと美術館の企画として、

和紙でカボチャを折り、

それぞれが顔を描くということをしました。

 

沢山の笑顔が出来て、

展示するのが今から楽しみです。

 

お稽古 | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rikaho.jugem.jp/trackback/3905
この記事に対するトラックバック