葉っぱ星人の花だより

華道・嵯峨御流のいけばなと出逢ったお花を中心にしたブログです。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ビタミンカラーの花手水 | main | 春朧 >>

次々に!

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

毎朝妙蓮寺さんの「まるごと美術館」の挿花メンテナンスに伺っていますが、

帰りには御靈神社のお堀の横を通ります。

日課として(??)『鳶尾(いちはつ)』がその日幾つ咲いたか、

数えるのが楽しみです。

 

今日はとうとう20輪を越えました。

葉も大分伸びてきて、花とのバランスが良くなりました。

 

「いちはつの会」は今週は頒布会用の苗ポットを作る予定でしたが、

コロナの感染拡大の影響で中止になりました。

それでも神社の関係者の方はは5月のお祭りを諦めていませんし、

私も頒布会を細々でもしたいと思っています。

頒布会がなくなると、

『鳶尾』のお世話や植栽にかかる費用が捻出できなくなるからです。

(/。\)

 

 

このように、人の世界は停滞していますが、

植物界は、このところよく降った雨のおかげで、先週植えた植物も順調です。

 

写真では分かりにくいですが、石垣の上右手『アザレア』が満開です。

挿し木で増やしたものなので、成長が楽しみです。

左手に植えた『皐(さつき)』にも蕾があるので期待しています。

 

昨年は『鳶尾』と『躑躅(つつじ)』類の開花がずれて、

両方一緒に愛でることが出来ませんでした。

今年もこのペースだと、同じ感じになりそうです。

 

『アザレア』は『躑躅』の仲間のなかでは早咲きの種類なので、

このまま根付いて大きくなって、

来年からもこの時期にあわせて咲いてくれればと思っています。

 

そしてこの花を見るたびに、

「あの年はコロナで大変だったけれど、今は平和で良いね♪」と、

言えるようになると願っています。

 

 

鳶尾 | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする