葉っぱ星人の花だより

華道・嵯峨御流のいけばなと出逢ったお花を中心にしたブログです。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インターバル | main | 秋へ >>

お片付け

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

久々のスッキリした目覚め♪

主人が居なくても早起きして洗濯!

そして、通学補助のボランティアへ。

 

先週、行くの忘れてたんじゃないかと、一瞬ヒヤリ...

その時そのときは長く、熱く、そしてあっという間の1週間を思う。

 

ゴミ出しや、ためていた洗濯物をたたみ、

二階の本と書類を机の上に積み上げ、

久しぶりに畳を拝む。

万次郎の嫌いな掃除機も!

 

お稽古と御霊さんの献花の花材を購入!

 

午後からは拭いて乾かしていた道具類を一つづつ片付ける。

 

今回実家で発見した「祝い膳」

私のお食い初めの祝いに、父方の祖父母が誂えてくれたものです。

アメリカで生まれた孫のために、紋付きの品を揃える...!!

このお膳を見つけたとき父が、

「お金無くて困っていた時代なのに、涙出るわ」と、ポツリ...

研究者として渡米していた父は、多忙で私の食い初め等記憶なし。

認知症のためか母も忘れてしまっている...

はっきり母の字で「利佳子の祝い膳」と、書いてあるのに...

 

その文字のところだけ切り抜いて箱に入れ、

今回包装紙は取り替え!!

 

無かった記憶が

伝えられた物によって、

新しい記憶、想い出になる。

 

遠く離れた顔も見ていない孫への深い愛を知る。

 

幼い時に亡くなった祖父母は顔も思い出せない位なのに

一緒にデパート行って人形を買ってもらったことや、

初雪にお砂糖かけて食べたことなど、

断片的な記憶が次々溢れ出る。

 

ありがとうございます。

可愛がって戴いた想いは永遠です。

心はずーーっと繋がっていたのです。

 

新しい出会いに心弾むことが多いですが、

その瞬間だけでなく、

ひとつひとつ繋がりを大事に心に刻んで生きていきたいと思いました。

 

お稽古前にギリギリ収納終了!

テーブル&床、扉を雑巾がけしてアルコール除菌!!

ふー。

間に合った...!

 

 

我が家に滞在することになったお膳はこれから度々、

ワークショップで活躍することでしょう。

 

 

そして反省を生かして、

今日から「伊吹」の早いけ、逆いけの特訓も開始!!

 

今度は失敗しても落ち込む権利位欲しいから...

片付いた稽古場で、私こそしっかりお稽古したいと思います。

 

 

 

 

雑記 | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする